FC2ブログ

第93号 食べられた

この3年位の間、持病が悪化し、うつ状態が続き栄養も殆ど点滴に頼る状態であった患者さん。
何度か訪問し、義歯の調整をし励まし実際、固形物を噛んでもらい
形ある物が噛めると実体験をしてもらっていた。
私が居ると何とか噛もうとされるが、居ないと一切食べないとご家族が訴えておられた。
この暑いのに水も取らない、薬も飲みたくない。
生きる気力を失いかけ、「死にたい」と言い続けると奥様が、困り果てておられた患者さん。
突然の電話、何事が起こったかと心配しながら話す。
「院長先生 主人が・・・・。」
どきっとする。
「食べ始めました。何にも口にしなかった人が、出された食事を完食しました。」
一体何がきっかけで食事が取れるようになられたか、その確認は未だであるが、兎に角
口から栄養摂取が出来るようになられたことは、大きな前進に間違いない。
早くお目に掛かって、様子を知りたい、物を咀嚼されるところを見たい思いで一杯である。




スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP