FC2ブログ

第75号 お口のお掃除をしましょう(3)

どうすれば綺麗になるだろうか?
歯を磨くのではなくこするのでも無い、歯と歯茎の間、隙間に歯ブラシの毛先が滑り込むように動かす。
力を入れずに軽いタッチで震わせる位の振動を加える。
歯茎や象牙質(根の周りの歯の組織)は銀の食器を洗うよりていねいにそーっと洗う。
歯間ブラシといって歯の間だけを綺麗にする煙突掃除のブラシのような物。
糸楊枝、フロスといい絹糸に薬の付いた糸、一歯用ブラシ様々の補助的清掃用具。
時間を掛け丁寧に大切に、決して乱暴ではなく。
当然ブラシの毛先は、軟らかめの物、以前は可也硬い物を勧めたこともあったが。
もう一点良く噛むこと、精咀嚼といって30回口に物を入れたら噛む。
嘘だろうといった患者さんが居たが、実際やってみるとこんなに違うのか。
といって驚かれ又胃腸にも本当に効果あると喜んで居られる。




スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP