FC2ブログ

第73号 お口のお掃除をしましょう(1)

お口のお掃除は、何を掃除するのか?
改めて考えてみたい。
食べかす、磨き残し、歯垢、ヤニ、臭いの元、はさまって取れない物、汚れ、色物等々上げられる。
正しくはプラーク!を取ることである。
最近はコマーシャルでも良く耳にする言葉である。
歯垢と訳され歯の汚れと、思われているものである。
実際は細菌の塊、菌塊である。
うがいでは取れなく歯ブラシで或いは歯間ブラシ・糸楊枝等で機械的にこすって取らなくては
除けない厄介な物である。
200種類を超えるばい菌の塊である。
お年寄りの死亡原因の半分が肺炎その内の更に半分が誤嚥性肺炎といって間違って肺に入ってしまう
食べ物や飲み物である。
これと一緒にプラークのばい菌が入り込みその中の、肺炎を引き起こす細菌が関与する。
口腔衛生といい、前にもこのコーナーで取り上げたが、一般医科の先生方が高齢者の治療に際して
先ずは噛める様にして貰ってと歯医者を紹介されるが、併せて口を綺麗に清潔に保つようにすることを
可也依頼されるようになった。
介護の方達も随分口腔清掃に携わって呉れるようになり、高齢者の口は随分と綺麗になって来た。
そのように高齢の方達の口腔衛生は可也改善されつつあるが、一向に変わらないのが15歳~60歳
位の方の、プラークの量である。



スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP