FC2ブログ

第63号 虫歯予防

可愛い我が子、親なら皆健康に育って欲しいと願う。
虫歯にしたくない。
開業した頃(昭和48年)は、学校歯科検診の後は小学生で溢れ返っていた。
味噌っ歯、乱杭歯当たり前のように、子供の歯が侵されていた。
現在は虫歯がある子のほうが少なく、親が大変熱心に虫歯予防に取り組む。
知られている事だが虐待児童が歯科検診で発見される時代になった。
どうすれば虫歯を無くす或いは少なく出来るか?
始終口に食べ物を入れない、決まった時間に食事おやつを取るようにする。
食べ終わったら歯ブラシをする。
低学年位まではお母さんが仕上げをする。
良く噛み、唾液が沢山出るよう心掛ける。
歯に着き易い食べ物を極力避ける。
繊維性のものを消化不良を起こさないように、良く噛んで食べる。
ガム、キャラメル、チョコレート、ビスケット、クッキー等は歯ブラシと交換条件で食べさせる。
(家の子供達にはそうした)
口のお掃除が一番、毎回繰り返せば嫌がる子達も必ずやるようになる。
お父さん傍観しないで、お母さんの必死の歯磨きを助けて上げて。
やったねーと褒めてあげると、結構ちびチャン達も嬉しくて良い気持ちに為れるよ。
頑張れお母さん。

スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP