FC2ブログ

第6号 目刺を食べよう!!

近頃のアイドルタレントいや若者が、4~50年前の日本にいたらきっと外国人と思われたであろう。
脚が長く背が高く肩が撫で肩、ずんぐりむっくり短足ガニ股の所謂、純日本人とは凡そ懸け離れた体型である。
特に顎の大きさ形が大きく違う。小顔がもてはやされ小さい顔に憧れる。
きちんとした数字の比較ではないが、間違いなく八重歯、乱杭歯(らんぐいば)の人が多くなっている。物を噛む回数が格段に、少なくなっている。為に顎の発育成長が小さい。
調理をしすぎである。
例えばタンパク質を例に挙げると、昭和20年代の子供の主要タンパク源は目刺であった。
ファーストフードの店が多くなった近頃は、ハンバーグである。
噛む回数を比較してみれば、3回~5回対20回~30回の違いである。
口に入れるや即飲み込むハンバーグ、噛まずに飲み込めない目刺。
顎の発育が違うのは当然である。
小顔でないと可愛そうという母親がいる。顎が発達しても大顔面になるわけではない。
健康で丈夫に育てと願う親心 忘れてはならない 目刺や野菜ををたくさん噛んで健やかに。





スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP