FC2ブログ

第57号 顎関節症

56号の症状は顎関節症と言われ、その原因は大部分が噛み合わせの
ズレによる。他に、親不知の為或は虫歯を放置し顎に病巣が大きく出来た、
事故の外傷によるもの、合わなくなった入れ歯が原因のもの、手枕によるもの
矯正治療中、悪習癖等がある。
極端な歯ぎしり、口が開かない、あくびが出来ない、おにぎりやお寿司など大きな食塊が
噛めない、痛い、音がする、カクンカクンとなる、開け閉めの時引っ掛かる、耳の前が痛い
片頭痛がひどい、肩こりがひどい、物事に集中出来ない、耳の中に虫がいるみたいなどの症状が
現れる。
18歳位から高齢者の方まで幅広い年齢層にみられる。
症状に軽重はあるがノイローゼにまでなる方も少なくない。
治療方法は、大部分は噛み合わせの調整を繰り返すことにより軽くなり治癒するが
中には10年以上もこれで治療を続ける方もいる。勿論重い症状は無くなるが
完治することが難しい方もいる。
兎に角放置しないで言われてみるとそんな症状があるなと思われたら、早目に
御来院下さい。早いほうが早く簡単に治ります。
マウスピースのような治療器具を装着していただく場合もあります。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP