FC2ブログ

第51号 レントゲン写真の不思議

「患者さんもしかして鉄砲で撃たれたこと有りませんか?」
「最近転んで顔をぶつけませんでしたか?」
「梅干とかお腹が空いたとき耳の前とか顎の下が膨らむこと無い?」
「訴訟の参考に診てもらいたいが、どこかに針がありませんか?」
最初の患者さん10年以上前に、獣と間違われて散弾銃で撃たれた。
何個か取ってもらったけどまだある?
次の患者さん3ヶ月前に転んで顔が腫れみっともなくて表出られなかった。
ようやく腫れと青たんが消えて来たので今日歯医者へ来た。
だってお化けみたいだったから一歩も外へ出られなかった
3番目の患者さん凄く腫れるけどほっとくと治って来るよ。
どっか悪いのかな?
最後の患者さん素人が美顔術で針を入れたが折れて判らなくなった。
散弾が3個下顎に。顎の関節が折れてずれた。唾石と言う石が唾を溜めてしまう。
目の下に5センチぐらいの針。
レントゲン写真は人の目では見えない物が、見える大変便利な物である。

スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP