FC2ブログ

第253号 読者よりの嬉しい便り

院長  貴方の「院長の一言」を、読ませて貰いました。日頃診療中に、何度も繰り返し患者さんに
言っておられることを、判りやすく丁寧に、書いてあり大変興味深く、読みました。
6歳臼歯の大切さ、良く噛むことの大事な理由、口の役目の重大さ、口の衛生の大事な理由、
100歳を見越しての治療指針、子供の心理を掴んでの治療の進め方、ラスト3回の意義、
一刻も早く逃げ出したい患者さんの心理を見据えて、どうやって治療をしていくか?
歯の神経は、残せるならどんな事をしても残し生きた歯の大切さを知った事、虐待児の発見、
入れ歯に血が通ったとの話、ご飯をスプーンで押しつぶしお煎餅のようにしなければ口が開かなくなって
食べられない患者さん、250種類の口の中の常在菌、歯ブラシによるくさび状欠損、オーラルフレイル
挙げれば切りが無い位の、多様な情報、本当に大切な事が網羅されていると、感心しました。
是非本にして大勢の人に、知って貰いたいと心から思いました。
待合室の小冊子で留めて置くのは、如何にも勿体ない、是非更に多くの人に読んでもらいたい。
有難う御座います。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP