FC2ブログ

第231号 インプラント治療(2)

いずれ将来再生医療の発展に伴い、歯の再生が可能になった暁にはインプラントも無くなるかも知れないが
今は未だ研究開発段階で20年は懸かるだろう。と言われているが、しかし一般的に日常の診療に取り入れられるには
まだまだ時間が掛かるだろう。
それまでは、親から貰った歯の次に身体に合い、機能をほぼ100㌫回復してくれるのは、インプラントが一番である。
8020運動は既に過去の遺物になり、今や9020運動が叫ばれマスコミも人生100年、健康長寿は口の健康から。
と声高に言い切っている。本当に大変な時代になって来た。6歳に生え始めた永久歯を90年以上使い続ける。
昨日87歳の方が、初診でお見え戴いた。29本の永久歯を維持され、しかも神経を処置した歯が僅か1本。
開業以来45年、この年齢でこんなに見事な歯を診たことが無い。素晴らしい、大事にして下さい。
こんなお口を見たのは初めてです。これからも御自身の歯で食べたいもの何でも食べられますよう、私も
お手伝いさせて頂きます。今日もインプラント治療を数人させて頂いた。
これから一生涯美味しく物が食べられますようにと、念じながら処置をする。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP