FC2ブログ

第230号 インプラント治療

此のところ、再びインプラント治療に対してマスコミで、大きく取り上げられ
口腔がんの話題と合わせて、患者さんの関心を引いている。
約20年振りにご連絡のあった患者さんが、来院された。
大きな会社のベテラン秘書さんで、元気溌剌の素敵な方であったが
20年振りにあって素敵なお人柄は、全く変る事無く少し老けられたかな
と思う位であった。
お口の中を拝見して目を疑った。上下大きな入れ歯が入っていて、
「気持ちが悪い、食事の時外している。痛くて入れてられない。」
諸般の事情から、どうしても当院に来られなく、近医で受診していたが
どうにも食べられなくて、来難かったが再び来ました、とのことである。
ここ半年ぐらいで5人の方が同様の状態で、久し振りの再来をされている。
昔の資料を出し、いつ抜歯をしたかを確かめ古いレントゲン写真
で調べるとそんな抜かなければいけない状態であったとは、考えられない。
ある患者さんは、こんなインプラントは見たことがない、取った方が良い
、と言われた方もいた。
45年間インプラント治療をし、古いインプラントも3~40年経っても
全く問題無く使って頂いている。(続く)
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP