FC2ブログ

第217号 安楽死を自己選択する

今朝のNHKの番組で、大変ショッキングな言葉を聴いた。
或る映画の紹介で、若手の女性の監督が今後10年先に実際起こりうる問題を
提起し、観客に問いかける番組であった。
高齢者が溢れてくる社会に対し、極論を言えば生産性の無い高齢者を
排除しなければいけなく無くなるのでは?と言う趣旨の問い掛けと自分は思った。
障害者を10数名殺した事件に、ツイッターで「仕方ない、必要だ」などのつぶやく声が
あったことも紹介されている。
当然鑑賞した観客から喧々諤々の意見が飛び出した。
その中に「自分が自ら安楽死の道を選ぶのも、方法としては考えられる。」
70代後半か80代の男性であった。
家族に迷惑を掛けたくない。が理由であった。
本当に家族を思い幸せを願っての言葉である。
しかし自分は思った、子や孫に迷惑を掛けない、歳を重ねる方法を考え実行しよう。
子や孫が本当に幸せなのは、矢張りおじいちゃん、おばあちゃんが元気で朗らかに
一家の構成要素として何時までも、居てくれることだと信じている。
健康長寿を一人一人が真剣に考え実行し、安楽死などと考えず寿命全うしましょう。
美味しく物を食べることが、その第一歩です。


スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP