FC2ブログ

第216号 何処が悪いのか?判らない。

頭、耳、眼、鼻、喉、首、肩、背中あちこち具合が悪い。
色んな科に相談し、検査もして貰った、薬も出してもらい呑んでる。
でもやっぱり具合が悪い。歳のせいとも言われた。
諦めるしかないのか、と我慢をし続け薬を飲み続けたが、苦しい。
こんな症状の患者さんが、気が着けば10人に一人か二人お見えになるようになった。
多くは顎関節症であった。
日本の長寿社会は90歳位は、もう珍しく無いくらい、進んで来ている。
6歳の頃から噛み続けて来た、頑丈な永久歯も80数年経ち流石にほころんできた。
今まで大学で教わって来た、或いは学会で学んだ、所謂歯科の治療の概念を、飛び出し健康で問題無く噛め、
手入れも良くし、十分健康を維持されてこられた患者さんが、或る年齢を超えて来ると
歯の構造上、新陳代謝をしないエナメル質の、崩壊が起こり始める。
如何にしてこの先の人生、食べたい物を何でも食べられ、美味しく、楽しい食事が出来るか。
歯医者の新たな挑戦と思い、力一杯取り組もうと決心する。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP