第194号 墨田公園の桜開く

暖かい日が続き墨堤の桜が、愈々咲き始めました。
不思議な花です、つい昨日まで真っ黒な枝しか見えなかった大木に、薄いピンク色が
浮かぶように見え始めると、瞬く間に綺麗な花一杯に溢れ返らんばかりに為る。
本当にあっという間に、薄い桜色に飾られ墨田の川の両岸を彩る。
1週間もすると花びらが雪が降るが如く、桜吹雪の名に恥じぬ風情を醸し出す。そして
咲き始めて10日も過ぎると今度は散って青葉若葉が芽吹いて来る。
人は儚い、日本人の心の原点、武士道精神などと言う。
私は冷たい冬をじっと耐え、黒々とした枝の先端で寒風を凌ぎ、春を待って耐え忍んだ
苦しみを乗り越え、一気に慶びを爆発させ、青葉へと向かう。
常に先の慶びを見据えて、苦難を乗り越える姿に感動を覚える。
60数年前桜の花の下をお袋に手を引かれ、小学校の入学式に向かって以来桜の花が大好きです。
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP