FC2ブログ

第185号 朝日新聞の記事

1月6日の朝日に、掲載された記事です。
認知症 歯周病で症状悪化
歯周病が認知症の症状を、悪化させる仕組みを、国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)
名古屋市立大学などの、研究グループが解明した。
歯周病菌の毒素がアルツハイマー病の原因とされる脳の「ゴミ」を増やし認知症の症状が
悪化すると言う。
アミロイドβと言タンパク質のゴミが溜まり神経細胞が徐々に死滅する事が原因と考えられている。
中略   
 「歯周病の予防や治療で、 アルツハイマー病の発症や進行の抑制につながる可能性がある」
との記事である。
永年の経験からしてこの記事は、信頼出来ると確信する。
皆さん口の健康管理は、間違いなく全身の健康に繋がる事が証明されたと思います。
頑張りましょう。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP