FC2ブログ

第183号 歯の一生

人の歯は、本人がお母さんのお腹に出来て直ぐ生まれ始める。
胎生7週に乳歯の芽が出来、胎生3ヶ月~4ヶ月で永久歯の芽が出来てくる。
前にも書いたが、今生まれた子達は100歳を悠に超える寿命を持つようになる。
100年の長きに渡り、身体の栄養とエネルギー摂取の、第一関門の戦士として活躍する。
胎生7週は、未だお母さんに為ろうとしていることに気がつかない場合も少なくない。
家族計画を考えるようになったら、生まれてくる子の歯を考え栄養面をしっかり準備する。
歯は、食べ物を細かくし唾液と混ぜ、消化し易くする。そして身体を作り力を生み出す。
此れがきちんと出来ないと、身体を作り行動する源の力が出ない。
これまで高齢者、若年者についてさまざま書いてきたが、人の歯の側から見た健康管理注意事項について
今回書く。
こんな大切な歯であるが、その素材は酸に犯されやすいカルシュウムの塊である。
又歯を支える周囲の組織も、細菌に犯され易い。
歯を溶かさない。歯の周囲にばい菌を溜めない。これに尽きる。
口に物を入れたらこの現象は、起き始める。
先ずは物をよーく噛む事、口に唾液が一杯になる位、次に歯にくっつく物は成るべく食べない。
終わったら早くにうがいをし、出来れば歯ブラシを使う。
すぐ出来なければ、早目にしっかり口のお掃除をする。
これを心掛ければ100年の戦士を、守る事が出来る。さ皆さんやって見よう。

スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP