FC2ブログ

第178号 親不知は取らなきゃ駄目?

基本的には、取り除く方が理想的である。(特殊な事情がある場合を除いて)
特殊な事情とは、それより手前の歯が、相当状態が悪く将来抜くかもしれない。
下顎の神経血管を取り囲んでいて、傷を付けてしまう怖れのある場合。
身体の状態が抜歯に、適さない状態の場合。
妊娠中。循環器の病気で投薬中、治療中。糖尿病が悪化している状態。
熱がある。等である。
昔親不知を抜いて死んだ人がいる、等怖い話を聞かされて決心出来ずに
とうとう酷く腫れて大変な思いを、される方が多い。
そんなに大変な思いも無く、腫れたり口が開き難いとか唾を飲み込むと
痛いと言った程度の不快症状で、そんなに辛いものではない
腫れてから大騒ぎするより、歯医者へ行って相談をし、大学病院を紹介されたり
その医院で抜いたりして貰う。因みに当院では、大学病院に親不知の抜歯を依頼したことは無く
全て抜歯をする。家族計画があったり、歯並びが悪かったり、噛み合わせが悪かったり、
歯周病が酷かったり、様々の症状の原因となるので早めにご相談を。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP