FC2ブログ

第176号 口のお掃除

このブログで何度も書いたが、どれだけ繰り返してもまだまだ広まらない。
この情報は、懲りずに繰り返し提供するのが、歯医者の使命と心得、再び書く。
歯は磨くのではなく(摩擦しこするのではない)、歯と歯茎の間の隙間(歯肉溝と呼ばれる溝)
に残る汚れを取るのが本来なのだ。歯の表面はゴシゴシこすらなくても、この方法でやれば
綺麗になる。
最近の電動ブラシを見て貰いたい。以前のように横や縦に動くのではなく、また回転もせず
超音波で振動をさせる。
歯茎、歯を摩擦せず傷つけず歯垢を取る。
物理的に摩擦することにより、起こる歯質の欠損、歯肉の退縮を防ぐを大事にしている。
歯ブラシを当てたらこすらず、少し圧迫し震わせる。
テーブルを雑巾がけする時、平らな面はゴシゴシ大きく動かし拭くが、細かい模様の部分は
小さな動きでめの細かい所を、綺麗にする。
この動かし方で歯ブラシも動かしてほしい。歯茎、歯を傷つけずに口の中を綺麗にしよう。


スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP