第171号 抜けるような青空 天の恵み

8月の40数年振りの曇天、何十年か前、とうとう梅雨明け宣言が無いまま、夏が過ぎ秋の到来を見たことがあった。
今夏は梅雨明け宣言がある前は、酷暑で今からこんなに暑くって、夏本番になったらどのくらい暑くなるんだろう。
と酷く心配をしたが,ビジャビジャ続く雨に、心底うんざり。暑さは凌げたが、体中カビが生えそうでマイッタ。
無論私は従業員の先頭を走り、患者さんの治療に寸分の狂いも無く、元気一杯鬱陶しい夏を乗り越えて来た。
本番と思わせる夏が無いまま、孫達の夏休みが終わってしまいそうで、其処が一番心配の種であった。
願いが天に通じ、8月27日最後の日曜日が素晴らしい晴天に恵まれ、孫二人その父母を連れて、アンパンマンプール。
最高の夏休みの締めくくりを、して挙げられた。
ジージが一番はしゃいでいたね。娘たちのひやかしも、心地良く久し振りのビールを飲み干していた。
やっぱり夏は、水で遊ばないと夏じゃない。幼い頃の加賀の海岸を、親父や御袋、兄弟等で遊び呆けたことが、
思い出され本当に良かった、素晴らしい夏休み「お日様ありがとう」

スポンサーサイト

コメント


トラックバック

GO TOP