FC2ブログ

第124号 入れ歯は、何時作り直すの?

入れ歯は何年かしたら必ず、作り直さなければ為らない物と思っている患者さんが多い。
決してそんなことは無い。長年使い慣れた入れ歯は、どんなに頑張って新しく作っても、
使い慣れた物には適わない。
ただ何年か使い続けていると、歯茎の形が変わって来る人がいる。
この場合は裏打ちと言って、入れ歯と歯茎の間に出来た隙間を埋めてやれば良い。
使い慣れた入れ歯が、又ぴったりして汚れも入らなくなり、蘇える。
ただ何年も放置し、噛み合わせも、隙間も修正不能の状態になられた入れ歯は
作り直した方が良い。
矢張り1年に1回は歯医者に来て、細かいチェックをしていただくのが良い。
終わると患者さん達は決まって「ああ!! 気持ち良い。やっぱりちょこちょこ来よう。その方が
良く噛めるし、お金も掛からなくて済むよ。」こう仰る。
正しくその通り。
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

GO TOP