FC2ブログ

第255号 100歳を目指して

治療指針を自分流に、何時も設定して治療計画を立てる。
人間50年と謳った織田信長の頃、400数十年前は日本人は、50歳位が寿命であった。
平均寿命が昨年は、女性が87歳を超え男性が81歳を超えた。
130年前の明治24年では、女性が44歳男性が42歳であった。平均寿命は
生まれたての子から、おじいちゃん、おばあちゃんまでで、亡くなられた方の平均の寿命である。
130年前と現在の違いに、先ず驚かされる。日清、日露の戦争の影響もあるが。
現在のこの百年の爆発的な平均寿命の延びは、驚異的である。
何より衛生観念、治療方法、薬剤、生活環境の改善、医療政策、予防医学の向上
等々理由は、様々考えられる。大変喜ばしいことである。
さて治療の話である。一体この歯はあと何年使えれば、患者さんの生涯、栄養補給の
最大の担い手として活躍出来るだろう、を考える。
昨年安倍総理は、日本人の人生は100年であると、言われ始めた。
通院される最高齢の方は、101歳である。
スポンサーサイト



第254号 明けましておめでとうございます

遅まきながら新年のご挨拶を、申し上げます。
12月29日~1月5日の年末年始のお休みも、結局終わってみると
今年も元日1日のみ、診療室へ来ることなく他の日は、急患を診た。
歯の痛みは、人間の我慢できない3っつの痛みの中の1つと言われた。
親父もそうであったように、息子の私も大みそかでも、元日でも
患者さんから、依頼があれば必ず拝見するようにして来た。
患者さんには大変喜ばれ、安心して休みを過ごせると言われている。
それにしても歯の痛みの様相も、随分と様変わりして来た。
40数年前は、大体急性の化膿による歯茎の腫れ、神経の化膿による激痛、
魚の骨が刺さった、歯が取れた、入れ歯を無くした等が一般的な急患であったが
近年は、それよりも顎が痛い(関節)、目が痛い(歯が原因で)、頭痛が酷く歯も痛い
鼻が痛い、歯が悪いと言われた等、多岐にわたって様々な急性症状がみられる。
手術前に、歯医者で口の掃除を徹底的にして貰って来てくれと言われた。
等の急患も居た。無論事故、怪我の患者さんも、数人居られた。
さあ今年も力いっぱい頑張るぞ。
GO TOP