FC2ブログ

第253号 読者よりの嬉しい便り

院長  貴方の「院長の一言」を、読ませて貰いました。日頃診療中に、何度も繰り返し患者さんに
言っておられることを、判りやすく丁寧に、書いてあり大変興味深く、読みました。
6歳臼歯の大切さ、良く噛むことの大事な理由、口の役目の重大さ、口の衛生の大事な理由、
100歳を見越しての治療指針、子供の心理を掴んでの治療の進め方、ラスト3回の意義、
一刻も早く逃げ出したい患者さんの心理を見据えて、どうやって治療をしていくか?
歯の神経は、残せるならどんな事をしても残し生きた歯の大切さを知った事、虐待児の発見、
入れ歯に血が通ったとの話、ご飯をスプーンで押しつぶしお煎餅のようにしなければ口が開かなくなって
食べられない患者さん、250種類の口の中の常在菌、歯ブラシによるくさび状欠損、オーラルフレイル
挙げれば切りが無い位の、多様な情報、本当に大切な事が網羅されていると、感心しました。
是非本にして大勢の人に、知って貰いたいと心から思いました。
待合室の小冊子で留めて置くのは、如何にも勿体ない、是非更に多くの人に読んでもらいたい。
有難う御座います。
スポンサーサイト



第252号 色々有ったこの1ヶ月 (2)

この秋から冬に掛けての忙しい事。開業以来47年経つが、毎年の事ながらお昼ご飯をゆっくり食べたことが無い。
いよいよ年末を控え、忙しくなって来たのと今年のカレンダーの三連休が多く、ゴールデンウイークも長期に渡った。
久し振りに日本に帰ってきた方が、何でこんなに休日が増えたの?
毎月2回三連休があり、患者さんが来られる日が、限られて忙しい上に、技工のペースも狂い型をとっても
出来上がるのに、何時もより日にちが係り延び延びになる。
通いなれた患者さんは、型を取れば何日位で出来るかを、良く知っておられるから説明が大変だ。
それに付けても有り難いのは、患者さんからの励ましの言葉だ。
「先生私の歯は、あんたしか診られないんだから、永く診てくれよ。身体大事にして、20年以上は続けてくれよ。
まテニスやってるくらい、若いんだから、もっとやれるよ」
本当に有り難い言葉である。勿論まだまだ現役を続け、患者さんの為に力一杯診療を続け世の役に立ちたいと思う。
まだまだ現役バリバリ、一日の患者さんの御来院数も、3~40年前と全く替わらない、やるぞ!!
先月人間ドックに1年ぶりに行ったが、復位が少々増えた以外は、全くの健康体との事
、更に鍛えてこの後診療に打ち込むぞ。

GO TOP