FC2ブログ

第251号 色々有ったこの1ヶ月

忙しい11月を振り返り、1ヶ月振りのブログを書く。
中でもトピックスは実習生が、やって来たことである。40期生だ。
第1クール約3ヶ月まだ、座学以上は校内実習を経験しているくらいで、本当に臨床は
初体験である。
初めて実習生を受け入れたのが、5期生(当医院には現在子育てを終え職場復帰している先輩もいる)。
36年間、年間6人~12人の学生を受け入れ、実習をして来た。
それぞれ個性豊かな子達である。ある時診療室の一番奥から、良く通る大きな声で
私を呼んだ学生が居た。患者さんはじめ、大勢のスタッフ、学生が腹を抱えて大笑いであった。
「 て ん ち ょ う ー 」 外科処置途中の患者さん、真っ赤な血を噴出しながら涙流して笑っている。
そんな楽しい実習もあった。今期は意欲満々の二人が顔を揃えた。スタートから意欲的で
此方が、ぼやぼやしていると、怪訝な顔をして次は、何をしたらいいのかな?という雰囲気を
醸し出している。答えてやろう、徹底的に教え込もう。当方も気合を入れて、期待に答えてやるぞ。
(続く)
スポンサーサイト



GO TOP