FC2ブログ

第250号 久し振りの晴天

良いお天気の日が、続いている。
何であんなに大雨が続いたんだろう?
千葉や長野、栃木、福島、茨木、宮城、東京都も大変な被蓋を被った。
繰り返し繰り返し抜けた屋根を通して、雨が振り込み家具や畳、電気製品、車が駄目になってしまう。
本当に災害とは、こんなに人を痛めつけるものかと、腹立たしく思う。
何でこんなに繰り返して困ってる人達を、苦しめるのかと!
今度の災害でこれ迄考えても居なかったことが起きた。
車に乗っていての、受難である。避難や帰宅、その他の日常の行動の延長で、何時もの様に
移動手段として、又運搬手段として使用した結果、死亡事故に繫がった方のなんと多い事か!
水没し始めると、水圧でドアーが開かなくなる。窓も特殊な道具が無いと割れない。
誰も考えても居なかった事柄だ。勿論私自身も、水に閉じ込められることなど想像だに
した事が無かった。時々都内のアンダーパスに、閉じ込められた事故のニュースは耳にしたが
これほどの頻度で、死亡される方々が出てしまわれた。本当に驚きである。
前回も書いたように、これは地球温暖化と言う人災に他ならない。
如何にかしなければ、何とかしなければと、焦る。
スポンサーサイト



第249号 異常気象 大雨

一晩で1ヶ月半分の雨が降った。とんでもない量だ。
従来の堤防の防災概念を、根底から覆した大災害の発生である。
故郷への新しい道である北陸新幹線が、10本車両基地内で水浸しになり走行不能になった。
車両の下の電気系統の入った部分が、水に浸かり全て破壊されてしまった。
100人に近い人が亡くなった。
生活が目茶目茶に破壊され、茫然自失の人々の姿を見るにつけ、これは天災ではなく
間違いなく人災である。
やり切れない思いが、画面を見ながら湧き上がって来る。
如何にかしなければ、何かしなければもっともっと酷いことが起こる。
二酸化炭素の排出、オゾン層破壊、プラスチックゴミ問題は山積み如何にかしなければならない。
GO TOP