FC2ブログ

第234号 10連休

ずばり休めない。お正月休みも、夏休みも、ゴールデンウイーク、シルバーウイーク諸々の休みは
従業員は休むが、院長は連続して2日間以上休んだことが無い。
痛いから、困っているから、眠れない、腫れた、噛め無い、これから外国へ行く、出張、結婚式
まあ良く様々の用事があるときに限って、歯の具合が悪くなるものだ。
それでも故郷の両親が健在のころは、数日の旅行などにも行けたが、ここ15年位は休まない。
歯の痛みの辛さを、身をもって体験したことがある。20年位前か
スキーの最中に、上顎の小臼歯が、割れて大変な思いをした。
注射が大嫌いな自分が、自ら歯茎に鏡を見ながら麻酔をし、治療した。
こんなに辛いんだと知りそれから、休めなくなった。
無論、両親に習って私も開業以来急患は、断らず何とか診てきたが、休日も出来るだけ治療をし
訪問診療もしている。
人の身体の痛みで、我慢できない物が3っつ在ると言われるその一つ。
お相撲さんが泣きながら来られる。治療を始めると轟々いびきをかき寝始める。
2日間寝られなかった。ゆっくり寝て下さい。
スポンサーサイト



第233号 平成から令和へ

時は移り色んなものが変わろうとしている今、私ももう一度原点に立ち返り開業当時の
決心と夢の実現に邁進しようと、決断する。
46年前浅草の地に始めて立ち、様々な人達に支えられここまで来た。
第一大臼歯を保護し、生涯失う事無く使い続けられるように診療しよう。
命或る限り自分の歯で、食べたい物が何でも食べられる。
自分の歯を不幸にして失ってしまった方には、何でも食べられるお口にしてあげよう。
大変高邁な理想であったが、永年の研鑽を積み来た今、自分の手で随分理想に近い
診療が出来る様に為ったと思える。
これから人生100年を生きて行く人達の為、更に頑張って素敵な楽しいお食事の時を
持って頂けるように新しい令和の時代を、気合を入れて開いて行こう。

第232号 新入学 新学期

寒かった冬が終わり、今日は夏日だと言う。北陸生まれの私には、心底嬉しい日々がやって来た。
寒いのは嫌いでは無い。寧ろ寒ければ大好きなスキーも出来る。
只寒さを凌ぎ鮮やかに、花をパッと咲かす桜を見るたび、お袋に連れられ小学校に始めて行った日の事が
浮かぶ。はらはら散る花びらの下、茶色の大きなランドセルを背負い不安な気持一杯で向かった。
あれから66年、時の経つのの何と早いこと。
GO TOP