FC2ブログ

第228号 変なものが出来たみたい

この所水泳選手や、タレントさんの癌発症ニュースが報道され1日に数件の
関連の電話があり2~3人の来院がある。
「口の中に今まで気づかなかった、変なものがあるが大丈夫でしょうか」
殆どの人が骨隆起と言って、顎の骨の高まり外発性骨増生とも言うが、骨のでっぱり
を見つけて心配されて来られる。これは異常なものではなく、正常なものです。
御心配のものではありません。と言うと本当に良かったと安堵しておられる。
一晩眠れなかった、と仰る方も居られる。
次に多いのが頬、唇の粘膜のにきびのようにふくらんだところを指す。
唾液腺の排出孔であったり、小唾液腺の膨らみを言う。
これも異常ではありません。
又舌の表面を色々見つめて異常なものでは無いかと聞かれる。
舌をうんと引っ張り出してみると、ビックリするような形をした凸凹が見え
仰天して駆け込んでこられる方も多い。
舌乳頭と言って凄い形が見えたりする。これも異常なものではありません。
通常異常と考えられるものは、永く虫歯や欠けた歯を放置し角がぎざぎざになったままにしておく
等を放置しておくと、其処に何度も靴擦れのようになり、嫌なものが出来たりする。
又熱いものを頻繁に食べ何時もやけどをする人、たばこをのべつまくなしに、口にし
粘膜がただれている人、刺激の強いものを食べる人等は、程度を考え安全に気をつける。
このようなリスクを出来るだけ無くし、綺麗な口、虫歯や尖った歯を治療し、定期的に歯のチェック
をしていただければそんなに、心配しなくて大丈夫です。
スポンサーサイト



第227号 一生涯健康な生活

健康な生活を目指す。生涯を通して。
ではどのように過すのが健康な生活であるだろうか。
無論病気に為らないのが先ず考えられる。無病息災である。
しかしこれも中々難しい。一病息災と言う事が良く言われる。
自分はこれまで一度も、病気らしい病気はした事が無い。と豪語される人が
ある時突然倒れ、亡くなったり寝たきりになったりして、御本人は勿論周囲の人も
あんなに元気で健康そのものの人が一体どうして?
良く耳にする事柄で或る。無病で過され御自身の健康管理をしっかりされる方には
起き得ない事である。1年に1度は健康診断をされ、日頃の生活を注意をし過される方には
起こらない。無病を過信し日々の食生活運動等に関心を持たずに、過される方に時に起こる。
どこかにちょっと問題があり、そこを注意をするよう指摘された方が全身の状態に関心を持ち
何時もからだの状態を、注意をされる。常日頃身体の健康に関心を持ち、生活されている方は
ちょっとの変化も見逃さずキチンと対応される。医者嫌いと仰る方が、一病を得て医者の
存在の価値に気づき、日々を過す。何も問題が無ければ、プランを立てて生涯現役を目標に
生活を組み立てる。無病息災一病息災頑張りましょう。
自分の口で、食べたい物を何でも食べられるようにして、健康長寿を目指しましょう。

GO TOP