FC2ブログ

第210号 患者さんの体調

前回書いたように、この夏の異常な暑さは、来院される患者さんの健康にも
大きな影響を及ぼした。
診療室に入って来られる方達のお顔は一様に、赤く汗まみれで中には、
青ざめて唇も、血の気を失って今にも倒れそうな方、 フラフラ歩く方
本当に皆さん大変な思いをされてお見え戴いた。
水分の補給と、長時間炎天下を歩き続けないよう、御注意をしクーラーを強くし
扇風機を回し、補冷材を当てて頂き落ち着くまで待って頂く。
御高齢の方にとってこの夏の暑さは厳しく、心底命に関わる一大事である。
寝不足、食欲不振、等体調不良が重なり、歯肉の炎症、顎の腫れ、根の先の腫れ
親不知の腫れ等々急性症状を呈する患者さんが多い。
熱中症が怖い、余りにひどい暑さの時は、キャンセルして下さいと伝える。


スポンサーサイト

第209号  日本の夏

何時からこんな日本になったのだろう?
暑さが人の命を奪うなんて。
永い歴史の中で有り得無い事が、今年の夏は起こっている。
夏は風通しを良くし、浴衣を着、すだれで人目を避けて団扇で風を送り、スイカを食べ
蚊帳を吊って寝れば、夏掛けを掛けなければ、少し寒気がする位の朝晩だったのに。
打ち水をすれば、縁台で涼しく夕涼みが楽しめた、蚊取り線香の臭いが懐かしい。
如何にかしなければ日本の美しい四季が、無くなってしまう。
この危機感日本人全て、世界の人が全て持って、良い環境、良い地球、良い世界を築こう。
地球は一つの船なのだから。

GO TOP