第174号 人生100年時代の制度設計 特命委員会

凄い事が、始まった。100年の人生一体どんな事を、して行くのだろう。
今年の統計が発表された。100歳以上の人が、67,824人大変な数。
今後益々増えるとの事。織田信長の時代は、人間50年と言われた。
今生まれている赤ちゃん達は、106歳まで生き永らえると言う米国の学者がいる。
私の患者さん達も、後50年、60年生きる人達が一杯居る。
現在の治療後のケースで、最も永い人で、45年この人が、一番永い。
しっかりしないと、折角治療したのに永くは使えなかった、との評価をされてしまう。
如何にして永い人生、美味しく物が食べられるか、もっともっと腕を上げ精進して
患者さんの永い未来を、幸せに過して戴ける様に、頑張ろう。
スポンサーサイト

第173号 7歳 男の子 舌が痛い

乳歯が、永久歯と交換し混合歯列期と言うが、下顎の前歯が生えて来ている。
口の中に、出て来たばかりの歯は、先端が凸凹で(発育葉と言う)舌が傷つき易く、
この子も舌尖が大きな潰瘍を作っている。褥瘡性潰瘍と言う(靴擦れのようなもの)。
気になるし、痛いし物を食べる、喋る何をするにも触ってしまう。
ほとほと困って、紹介されて来院された。
永久歯の先端を磨いてぎざぎざの部分を、丸めてやった。
直ぐに楽になったと、帰宅した。
それから2週間、ちょっとでも氣になると連絡があり、他の歯も丸めて潰瘍が出来ないようにしてあげる。
無論歯を削るのではなく、シャープなエッジを、磨いてやるのだ。どうしても続いて永久歯が出てくる度に
潰瘍を作るなら、マウスピースを作ってあげる。
元気な朗らかな子だ、是非気持良く成長発育して貰いたい。

第172号 治療後の経過

開業以来43年が経つ。先日東京都歯科医師会から、終身会員になる旨連絡があった。
自分の歳は、考えずに力一杯動くをモットーに、これまで来た。
これからもその信念は、揺るがす事無く邁進して行く。
「先生のお陰で、命を永らえてここまで、美味しく物が食べられ、長生き出来ている。あんたが居なくなったら
凄く困るから身体を大事にして呉れ。」と、患者さんに諭される。
20年経った、30年噛めてる、俺はこれ40年の入れ歯凄いだろう。色々な患者さんに出会い、工夫をし噛めるを一番に
治療をして来た。ご挨拶も「どうですか美味しく何でも食べられますか?」「お陰さまで何でも食べられ、身体も何処も問題ないです」
最高のご挨拶を戴く、こんなに嬉しい言葉は無い。
GO TOP