第117号 男の先生は、数えるのが遅いから嫌だ!

削りながら、詰めながら、磨きながら、ひとーつ、ふたーつ、みっつとかぞえ予定した(本人と約束した)
治療を終わらせる。(本人と約束すると何とか頑張れる)
数え終われば終われるとの、我慢に任せて治療を完了する。
子供を診始めてから、44年。
様々のチビちゃん達と、関わって来た。
今日もフッ素塗布のチビちゃん、数えながらべそをかいても頑張った。
隣で見ていた御婆さんが、「本当に懐かしい!家の長男もああやって、院長に診て貰ったのを、思い出す。
今じゃ良いオジサンになったけど」
当のチビちゃん帰り際に大きな声で「ママッー、男の先生は遅く数えるから嫌だっー!!」
又おいで、良く頑張ったよ。又 とう、まで数えてあげるからバイバイ。


スポンサーサイト

第116号 卒業式

3月16日太陽歯科衛生士専門学校の第35回目の、卒業式に参列した。
5期生の時からだから31回目の出席であった。
昼間部第35期生、夜間部第4期生併せて145名の門出の日であった。
通算すると3000名になろうとする卒業生、何時出席しても良い学生最後の姿である。
国家試験の難関を無事突破し、自己採点ではあるが100パーセント合格との話を聞き
心から良かった皆良く頑張ったね。と胸が熱くなった。
4月からは同じ仲間となる一緒に頑張ろう とコメントした。
いま少し休んで、充電をし学校で身に付けた知識と技術を持ってすれば、必ず皆素敵な歯科衛生士
に為れるから新たな出発をして欲しい。

第115号 歯周病とは?

以前にも書いたが歯周病(かっては歯槽膿漏)とは一体何ぞや?
歯を支える組織 歯茎、顎の骨、根の周りのクッション(歯根膜)、セメント質この4っつの周囲組織が 
炎症を起こし吸収(溶けて無くなる) し、歯が支えがなくなり動き出し、果ては抜けて仕舞う。
歯が抜けてからでは遅い。
自覚症状を伴わないのが大きな特徴である。
これが厄介であり、気がついた時には残すのが不可能な状態になる。
前兆がある事を知っておいて欲しい。
口の中を時々見て欲しい。
歯周病の前に必ず、前段階として歯肉炎が起きる。
歯茎が赤くなり、腫れ、血が出て、膿も出る。
もう一つ口臭。家族に口がくさいと言われたら、歯医者に来て欲しい。

第114号 横磨きで歯が折れちゃった

ゴシゴシと力一杯歯をこすり、歯茎から血が出てひりひりする。
こうしないと歯を磨いた気がしないという人が、未だに沢山いる。
数年前までテレビのコマーシャルでも、握りこんだブラシをゴシゴシと
力を入れて横みがきをしていた。
前にも書いたが、歯茎は銀の食器を扱うより大切に、丁寧に扱わないと
直ぐ磨り減ってしまう。
その後歯の根の面が、毎日のブラシで削れてしまう。
最近見えた患者さんで、歯が根元からポッキリ折れてしまって噛めない。と訴えて
来院された方の口は、ものの見事に横みがきで木を切り倒したように歯茎を境に
折れて無くなっていた。
上下左右で6本。良くもここまで削ってしまわれたものである。
口を綺麗にしたいの一心で、これ程までに酷くしてしまわれた。
ブラッシング指導を丁寧に、繰り返し行いどうにか横みがきではなく
理想的な圧迫振動法に、変えて頂けた。
この後しっかり被せて、歯磨きの管理をさせて頂く。
GO TOP