第100号 治療の原点

記念すべき第100号、2年前から書き始めたこのブログ100回目になる。
改めて開業当初の気持ちに戻ってみたい。
第一大臼歯またの名を六歳臼歯とも言うが、咬合の鍵とも言われる、この歯を
生涯に渡って大切にする事により、他の歯が維持され噛む事が出来る。
生まれて乳歯がはえ始め、永久歯に変わり生涯噛み続けられるようにするを
最高の目標として治療をして来た。
一般歯科治療、こども歯科


スポンサーサイト

第99号 親不知が痛い

永久歯が並び終わって(12~15歳位)4、5年経つと、歯並びの一番奥に萌えて来るのが第3大臼歯
(親不知、智歯)である。
顎の大きさが決まりスペースが無い所に無理矢理萌えて来るので、良く埋まってしまったり
横になったり(埋伏智歯)する。
萌えない人もいる。日本人の半分ぐらいの人は、一本も無い人が居る。
太古の昔、木の実、葉っぱ、草、動物の肉、魚を生のまま食べていた時代は、この歯は
活躍していたが、調理をするようになってから退化し、萌えなくなっても来た。
萌えている人が、進化していないのではないので誤解しないように。
これが萌えて来るとき、又その後歯肉炎を起こすと、とても痛む。
智歯周囲炎という。
親不知とは、昔で言う子供が一人前になる歳、18歳頃に出てくるのでこう呼ばれた。
外国では知恵が付く頃と言うことでwisdom teeth(智恵の歯)と呼ばれる。
綺麗に出て噛みあってくれれば問題ない、が埋まったり横になったりするととても厄介だ。
歯茎が腫れ、つば飲み込むと痛い、口が開かない、食べられない、喉が腫れる、熱が出る。
等いろんな症状が出る。
治療方法は、抜歯が多く他の歯が問題の場合、残して利用する。

第98号 涼しくなった、患者さんも皆随分元気だ。

今年の夏は、お盆と共に過ぎ去ったかのような、拍子抜けの夏であった。
一ヶ月前は、暑いと悲鳴を上げていたのに、何と涼しいことか。
来院される患者さん、つい2週間前位は汗を搾って苦しそうであったが、
元気良く入って来られる。
話す姿も見るからに活発さを感じる。
ところで、23年振りに昔うちに居た衛生士が、非常勤として戻って来た。
18歳の時、臨床実習生として、実習に来てその後勤務をし、子供が生まれるので
子育てに専念するとの事で退職した。
その子が、もう23歳に成るとの事、時の経つのの速さに驚く。
仕事ぶりは全く変わらずよく動く。
自分も負けずに頑張ろう。


GO TOP