第80号 往診

浅草で開業したのが昭和48年7月2日。
あれからもう42年に為る。
当時50代の働き盛りの人々が、90を過ぎいよいよ身体が
自由に動かなくなってきた。
当院のエレベーターの前の階段が、きつくって上がれない。
40年も治療に関わった人は、今更他の先生には掛れない。
如何にかして挙げなければ、折角之まで信頼して頂き永年
通って頂いた患者さんに申し訳ない。
そんな想いから夜診療が終わってからか、休みの日に
ご自宅や施設の方に出向き治療をしている。
もうかれこれ30年も続けている。
スポンサーサイト

第79号 インプラントはやりたくない

この所こんな患者さんが、何人かいる。
理由は様々である。
数年前のマスコミキャンペーン(怖い治療法である?)の影響は未だに尾を引いている。
更に、自身の例或いは家族のケースの失敗例、知人の思わしくないケース
等々で拒否されることがある。
私自身の処置の後、経過が良くないものも僅かではあるが居られる。
但し、この場合は、徹底的に原因を突き止め、完全な再治療をし問題解決を図る。
問題なのは、入れ歯は嫌だ、でもインプラントはしたくない、と言われる患者さんだ。
力学的に無理な処置は出来ませんので、インプラントが出来なければ、入れ歯をしっかり作りましょう。
とお話をし了解して頂く。
インプラントの欠点は、唯一費用が掛かる事である。
それ以外の欠点は無い。
いずれの日にか再生医療が確立され、歯の再生が可能になるまでは。

第78号 おめでとう 太陽歯科衛生士専門学校卒業式

3月5日(木)太陽歯科衛生士専門学校の卒業式が、日暮里のホテルラングウッドで500名を越える人数で
盛大に挙行された。
30回目の出席であったが、何度体験しても感動一杯の素晴らしい式である。
非常勤講師の中で最年長になったのかなー。少し気弱になるが「先生お世話になりました。国試大丈夫でした。」
と明るい声で挨拶されると、やったー良かった声の主が自分が一番心配した生徒であった。
まだまだ頑張って立派な歯科衛生士を一人でも多く育てて上げたいと決意を新たにする。
GO TOP