第71号 歯の生涯

ヒトの歯 
全部で乳歯20本 永久歯28本~32本ある。
1才で生え始め6才に6才臼歯がでる。13~15才で全て永久歯に生え変わる。
乳歯は6~13~15年でその役目を終える。
永久歯は、何も問題なく経過するならヒトの一生の間存在する。
様々の艱難辛苦を乗り越え、生涯苦楽を共にする存在であり、心より愛おしく思う大切な身体の組織である。
童話で「腹ペコクシャン」という歯を無くした百獣の王ライオンの話がある。
年老いて歯が無くなり食べられなくなったライオンが、瀕死の状態で死を待つのみになった時
軟らかい食べ物を運ばれ、幸せに命を繋ぐ話である。
ヒトの歯の生涯は、ヒト本人の生涯に直結する。



スポンサーサイト

第70号 治す ‼

衛生士学校の講義も、間も無く卒業、国家試験を真近に控え学生の目も漸く真剣なそれに変わって来た。
講義をしている方に突き刺さるような、鋭さとパワーを感じさせる。
来年の春からは私と同じ臨床家として、同じ土俵で働くんだ。
専門家として患者さんの信頼と、協力を得なければ治療は成功しない。
聞く耳を持ってもらう、信頼してもらうの大変な事は、これまでも授業の度毎に言い続けて来た。
どうすれば患者さんから信頼して頂けるか、様々の方法論は知っているだろう。
一番大切な事は、何がなんでも必ず私が治します、の強い意志だ。
ひたすらに、ひた向きにとりくみ、夢中になって必ず治す、の意気込みが患者さんに伝われば必ず理解され
信頼をして頂ける。
この姿勢気持ちを忘れる事無く、無我夢中で治療に取り組み、ぶれる事無く継続を惜しみなくやる。
最初半信半疑の患者さんでも、一心不乱に自分に取り組んでもらう君たちを見たら、必ず心を開いて受け入れてもらえると思う。
是非患者さん一人一人にきっと治します、一緒に頑張って下さいね。そう言って心から必ず治し
健康になってもらいますと。この気持ちを持ち続けて楽しい衛生士業を大成させて貰いたいものである。
30年続けた衛生士学校生徒達に、全員無事合格を祈念する。
GO TOP