第52号 痛むのと痛まないのと?

自覚症状を伴う時と何も感じない時とあるがどうしてなの?
物凄く痛くて腫上がって泣きながら歯医者へ来る人、痛みを訴えることなく歯医者で
悪いところが見つかる人、大きな穴があっても全然痛まない人。
痛みというのは急激な炎症(急性炎症)が起きると感じる。
徐々に徐々に進んだ炎症(慢性炎症)は殆ど痛まない。
痛まないと良いのにという人が居る。
そもそも痛みとは身体に悪い刺激、影響があった時それを知らせる危険信号だ。
誰もが痛みを感じたら痛くないように対応する。
記事で読んだ事があるが、痛みを感じない病気の方がやけどをしても痛まないため
大きなやけどをしてしまうとの話を知っている。
痛みとは身体を守ってくれるシグナルである。
痛みを感じないうちに病気が広がるのが厄介である。
年に一度か二度、歯医者に行こう、大きな問題が起きないうちに。


スポンサーサイト

第51号 レントゲン写真の不思議

「患者さんもしかして鉄砲で撃たれたこと有りませんか?」
「最近転んで顔をぶつけませんでしたか?」
「梅干とかお腹が空いたとき耳の前とか顎の下が膨らむこと無い?」
「訴訟の参考に診てもらいたいが、どこかに針がありませんか?」
最初の患者さん10年以上前に、獣と間違われて散弾銃で撃たれた。
何個か取ってもらったけどまだある?
次の患者さん3ヶ月前に転んで顔が腫れみっともなくて表出られなかった。
ようやく腫れと青たんが消えて来たので今日歯医者へ来た。
だってお化けみたいだったから一歩も外へ出られなかった
3番目の患者さん凄く腫れるけどほっとくと治って来るよ。
どっか悪いのかな?
最後の患者さん素人が美顔術で針を入れたが折れて判らなくなった。
散弾が3個下顎に。顎の関節が折れてずれた。唾石と言う石が唾を溜めてしまう。
目の下に5センチぐらいの針。
レントゲン写真は人の目では見えない物が、見える大変便利な物である。

第50号 28本虫歯無し完璧

歯医者では滅多にお目に掛かれない完璧な健康体。
28本全く虫歯の無い32歳の女性。  
どこかに問題は無いか?チェックして欲しい。
とのことで来院された。
エナメル質の表面、溝、窪み、根本、歯茎どこも皆完璧。
プラスチック模型のように綺麗。
惚れ惚れとして見とれる。

第49号 煙草は絶対ダメ

人間の歴史の中で、大きな過ちは煙草である。
なんと愚かな物を、作り出したものか。
受動喫煙により5歳の男の子の歯茎が黒ずんでしまった写真を見せる。
さすがに皆びっくり仰天する。
自分が勝手に体を悪くするのを「まー良いや」と思ってるかも知れなかったお父さん。
分煙してます、家では外で吸います。そんなことでは受動喫煙は防げない。
愛する我が子が、ニコチンの影響を受け成長発育を自らの手で阻害しているのだ。
ショックは計り知れないものだった。
その日から止められた。

第48号 歯とはどんな物なの(2)

人は口から栄養摂取し体を維持して行く。
物を飲み込めるように細かく砕き擂り潰し唾液と混ぜ合わせ食道に送り込む。
以前歯が異常に発育し顎に食い込み、口が開かなくなり餓死したネズミを見たことがある。
口で栄養が取れなければ、パイプか胃に穴を開けて直接胃袋に送るしかない。
前号でも書いたが、手ではいくら頑張っても細かくならない食べ物を、簡単に細かくするのが歯である。
やっかいなのが食べ物がくっついて取れずに置くと、この大事なエナメル質が溶けてしまうことだ。
又汚れは歯を支えている顎の歯茎、骨を溶かし歯が抜けてしまう。
命を支えるこの大事な歯を守ろう。
それにはくっついて取れない汚れを自分できれいにするのと、時々歯医者に行き
自分ではどうしても取り切れない汚れをきれいにして貰おう。


GO TOP