fc2ブログ

第292号 立夏

今年の冬は、それほど寒くって凍え切って、どう仕様も無い。と言うほど
厳しい日は余り無かったと思う。が、しかしどう表現したら旨く言い表せるだろうか?
2年を超え少なく 為る処か東京に於いては、2万2千人を超える感染者数を数えた。
幼い子からお年寄りまで、全国民が一日中マスク、手洗い、ウガイ、人混みを避け
学校も行けず、お祭りも無く、花見も出来ず窮屈な不安な日々を送らせられた。
仕事も出来ず、生活も、何から何まで全く平常と違う、異常な日々である。
世界中の人類が、じっと我慢をし耐えに耐えて、漸くこれでコロナ感染も下火になりそうな
気配になって来た。
後もう少し皆で頑張ろう。折角ここまで来れたのだ。
ゴールデンウイーク明けが、又心配との声も聞かれるが、これまでどうにか乗り越えられた。
私達の注意と努力と他人を思いやるこの、生活が必ず良い事が起こるように為って
呉れると信じて後もう少しみんなで頑張ろう。
今年の夏は、三年分大いに楽しみましょう、後もう少し我慢です。
スポンサーサイト



第291号 臨床実習生来る

太陽歯科衛生士専門学校第46期生の臨床実習第2クールが始まり、2週間が過ぎた。
元気一杯の学生達と、共に負けずに臨床実習を行っている。
当医院には、5期生と8期生の大先輩がいる。
彼女達も、19~20歳の時実習に来た子達である。
随分と年月が経ったものである。この二人にはそれぞれ子供がいるが、皆今の実習生よりは
年上である。
38年間非常勤講師を務め、臨床実習先として41年随分と長くなったものだ。
でもまだまだ実習先としての責任を果たすべく、日々努力をし工夫を凝らして
学生達の将来の為に、少しでも役に立つ実習が出来るよう、頑張っていく所存である。

第290号 明日は休日当番医

何年振りかで休日当番医が、廻って来た。
4~5年前だと思ったが、12~13人もの沢山の方々が、急性症状で来院された。
衛生士一人、受付一人でてんてこ舞いをした事が、思い出される。
でもそうしてお見え頂いた方達が、その後も続けて来院され喜んで頂く姿を
拝見すると、歯医者冥利に尽きる思いがし仇や疎かにしてはならない。
と気を引き締めて、明日も頑張ろうと決心する。
さて明日はどうなる事やら、今晩は休日前では無いからいつもの通り
アルコールは控え、早めに寝よう。
全然見ず知らずの方達に、お目に掛るのを楽しみに、明日もお待ち致します。
どうぞお困りでしたら遠慮無くお電話下さい。お待ち致して居ります。

第289号 具合が悪いのかと思ったよ!

有難い言葉を、沢山頂きました。
私の体調は、以前にも増して万全以上の、絶好調です。
孫の春休み、この冬のスキーは、たったの1度では有ったが
コロナ禍に在っては、仕方ない。と納得して居ります。
日々の診療は、1日も疎かにする事無く、続けて居ります。
残念なのは、去年の暮れから今年のお正月に掛けて、漸く第5波が落ち着き
遠くから通院を再開して頂いた患者さん達が、再び第6波の猛威に通院が出来ず
これが何より心配な処です。
スタッフも皆元気に、診療をして呉れて居りますので、どうぞご安心なさって下さい。
コロナ禍に加えて、ウクライナ問題で、我々歯科に於いても様々な問題が、起きて居ります。
何よりも歯科材料が、品薄になり価格の高騰が起こって居ります。
希少金属の世界全体の産出量の40%を、ロシアが輸出しておりその他の歯科材料も
不足し始めて居ります。
兎に角何かと困難な問題が、起こって居りますが、負けてたまるか!
今年で開業50年になる、これ迄にも様々な困難な事柄が有ったが、乗り越えて来れた。
これからも頑張るぞ。
やっぱりこれだ。相変わらず頑張るぞ!で今日のブログもしめます。

第288号 とうとう間も無くお彼岸です。

今年になりよーし今年こそ、コロナに負けずに2年間の、ブランクを埋めるぞ‼
張り切って新年を迎え、頑張るぞー!って出発した筈が、
オミクロン株の第6波に、翻弄され折角2年間我慢をされてた患者さん達が、漸く
通院され始めた矢先。又再び外出を控えられ、通院出来なくなられた。
このブログを続ける記事を書く事も憚れ、書けばコロナ、コロナ、オミクロン。
全く頑張ろうとしか書けなくなり、今日まで書く事が無く、御無沙汰致しました。
御詫び申し上げます。
毎朝通勤時、自宅から歩いて隅田公園の鉄棒にぶら下がり、何時も「おはようございます」
と元気に御挨拶をして頂いた患者さん、今週のアポイントを時間をずらして頂こうと
受付が連絡したところ、急逝されたとの事、あんなに毎日お元気に、ジョギングを
毎朝1時間なさっておられたのに、一体どうして。90歳にしてあの気力と体力、意欲の持ち主が。
毎朝お会いした場所を通る時、心の中で、御冥福をお祈りして居ります。
どうぞ天国でもお元気に、ジョギングをお続け下さい。合掌。
GO TOP